淡水パールの形の種類

淡水パールは、形の種類を大きく分けると下のようになります。


ラウンド・セミラウンド・・・真円に近い形のもの
ポテト・・・・・ジャガイモのような形のもの
エッグ・・・・・卵形
ケシ・・・・・・ケシの花びらのような形
フェザー・・・棒状の木の枝のような形
ボタン・・・・・底の平のおわんをふせたような形
バロック・・・不定形な形

+++サークルパール+++
珠にサークル(皺)の入ったパールをサークルパールと呼びます。
形は、ラウンド・ポテト・エッグなどがあります。
最近、オーガニックなパールとして人気が出ているようです。

+++ベビーパールについて+++
2~3mmの極小な珠の大きさのパールをベビーパールと呼びます。
ベビーパールの中で、エッグ型のパールの小さいサイズのものは
ライスパールと呼ぶ場合もあります。
真円に近い形状のものは希少性があります。珠サイズが小さいと、
穴あけ、連通しとも高い技術力が必要で、
コストもかかる為、価格的には割高になります。
単独でチェーン代わりに使ったり、ペンダントトップをつけたりと、
使い勝手が良いので人気があります。
又、7連など連重ねすると繊細ながらとても華やかなネックレスになります。

戻る